『探偵はBARにいる』シリーズ第2作の制作決定!公開から1週間でのスピード決定に大泉洋も驚き!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大泉洋も『探偵はBARにいる』も大人気!

 大泉洋が17日、銀座・丸の内TOEIで行われた主演映画『探偵はBARにいる』の舞台あいさつに登壇し、およそ500人の観客を前にシリーズ第2作制作決定をサプライズ発表して観客をわかせた。

映画『探偵はBARにいる』場面写真

 今月10日に公開し、週末の国内興行ランキングでは初登場首位を獲得するなど好調なスタートを切った本作。配給元の東映も興行収入10億円を視野に入れるなど大盛り上がりをみせている。この日の大泉は客席の後方扉から入場するサプライズでファンをわかせたのちに、「観客のアンケートを見たら3回や4回見たっていうお客さんもいてビックリしました」と本作の大ヒットについて感慨深くコメント。1階・2階すべての客席を見渡しながら「シリーズ第2作の制作が決定したしましたー!」と発表して会場のファンを大熱狂させた。

[PR]

 配給元の東映から続編の制作決定の連絡が来たのはつい先日だったといい、「公開から1週間でシリーズ第2作めの制作を決めてくれました」と本人も驚きを隠せない様子。連絡があった当時東映からは「まだ(相棒役の)松田君の了解が取れていないので、発表は待ってください」と言われたそうで、「ここで断ったら(松田を)ぶっ殺してやろうかと思いましたよ」とぶっちゃけエピソードも披露。

 そんなシリーズ第2作の構想について大泉は「監督からは『今回アクションもやっていただいたので、次回はもっと訓練してもっと激しいアクションをしましょうと』言っていただいて、もうジャッキー・チェンになるしかないですかね」とまさかの本格アクション大作へも示唆!?  そのほかにも「戦隊ものは子どもに人気があるから戦隊ものもいですね。松田龍平がピンチに駆け付けて変身したら面白そう。あとアニメもいいですね。われわれはアフレコだけ参加して」とひょうひょうとプランを明かして会場をわかせていた。

 映画『探偵はBARにいる』は『アフタースクール』の大泉洋と『悪夢探偵』シリーズの松田龍平が演じる探偵コンビが、札幌の大歓楽街・ススキノを舞台に危険に巻き込まれるスリリングな犯罪ミステリー。東直己の小説「バーにかかってきた電話」を基にテレビドラマ「相棒」シリーズの橋本一が監督を務め、小雪や西田敏行ら豪華顔ぶれがそろう。(取材・文:中村好伸)

映画『探偵はBARにいる』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]