マーティン・スコセッシとミック・ジャガーがタッグ!70年代後半の音楽界を描いたテレビドラマを制作!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーティン・スコセッシとミック・ジャガー - Sean Gallup / Getty Images

 人気テレビドラマ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」のクリエイター、テレンス・ウィンターが、マーティン・スコセッシミック・ジャガーとともにテレビドラマを企画していることがハリウッド・リポーターによって明らかになった。

マーティン・スコセッシ監督、ミック・ジャガー出演映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』場面写真

 これは、HBOのもとで手掛ける予定のテレビドラマ作品で、1977年代にディスコ、パンク、さらに新たなヒップホップのミュージックが台頭し始めてきたころのニューヨークのレコード会社で活躍するエグゼクティブを描いた作品になるそうだ。

[PR]

 今回の企画では、テレンス・ウィンターがエグゼクティブ・プロデューサーを担当し、さらにパイロット番組用の脚本も執筆している。さらにマーティン・スコセッシが、同じくエグゼクティブ・プロデューサーを務め、パイロット番組の監督としてメガホンを取ることになっている。

 今回の原案は世界的人気バンド、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーがアイデアを発想したもので、ディズニーやパラマウントも制作に携わることになるようだ。

 ちなみに、ミック・ジャガーとマーティン・スコセッシは、映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』以来のタッグとなる。一流のメンバーがかかわることになるようで、かなり期待できる作品になりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]