ロジャー・ムーア、先輩ボンドのショーン・コネリーは「何をしゃべっているのかわからない」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロジャー・ムーア - Tony Barson / WireImage / Getty Images

 3代目ジェームズ・ボンドとして7本の007映画に出演したロジャー・ムーアが、英ケンブリッジ大学の雑誌でインタビューに答えた。

 1944年にケンブリッジの劇団に入団して演技のキャリアをスタートさせたロジャー。歴代ボンドのなかでも、軽妙なユーモアが特徴だったが、インタビューでも持ち前のコミカルさを発揮。常に「一番好きなボンド俳優」として名前が挙がる初代ボンド、ショーン・コネリーについての意見を聞かれると、「ショーンはいい俳優だ。何をしゃべっているのかわからないのが残念だよ」とショーンのスコットランド訛りをネタにジョークを飛ばした。また、ダニエル・クレイグが主演した第22作『007/慰めの報酬』については、「長くてとりとめのないコマーシャルみたいだった」と辛い評価をした。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]