マイケル・ベイの新作で、マーク・ウォールバーグとドウェイン・ジョンソンがタッグか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マイケル・ベイ監督

 映画『アルマゲドン』や『トランスフォーマー』シリーズなどを手掛けたヒットメイカー、マイケル・ベイが制作する予定の新作『ペイン・アンド・ゲイン(原題) / Pain and Gain』で、マーク・ウォールバーグドウェイン・ジョンソンがタッグを組む可能性があることがCinemablend.comによって明らかになった。

マイケル・ベイ監督作品映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』場面写真

 これは、1999年にマイアミ・ニュース・タイムズ紙で掲載された記事をもとに映画化を進めている作品で、そのストーリーは、フロリダに住むボディビルダーたちが、ある誘拐の計画をするが、予期せぬことが巻き起こるというダークコメディ作品で、映画『ファーゴ』に似たシナリオになるそうだ。

[PR]

 脚本は、映画『キャプテン・アメリカ・ザ・ファースト・アベンジャー』のクリストファー・マルクススティーヴン・マクフィーリーが共同執筆することになっている。

 今のところ、ドウェイン・ジョンソンとの出演交渉は上手くいっているようで、ほぼ出演契約を結ぶことになりそうだが、まだマーク・ウォールバーグの出演はわからないようだ。

 ただ、ハリウッドのヒットメイカーのもと、実際に起きた事件の記事をベースに制作されるため、期待できる作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]