『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラ、初仕事だった「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」をけなしたことを否定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
みんな、誤解しないでね。- ルーニー・マーラ - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 映画『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラが、初仕事だったテレビドラマ「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」は「最低で、ものすごくくだらなかった」と雑誌のインタビューでコメントしたことがニュースになっている。

ルーニー・マーラ出演映画『ドラゴン・タトゥーの女』場面写真

 ニューヨーク・ポスト紙は、ルーニーがアリュール誌のインタビューで同ドラマを下に見る発言をしたと書き立てたが、これに対しルーニーは言っていないと否定。「あれはわたしの最初の仕事で、とても興奮したのを覚えている。一生思い出に残る体験だった」とハフィントン・ポスト紙に語り、誤解を解きたいようだ。彼女が登場したエピソードは、恋人と一緒に太った人を襲って暴力を振るうというストーリーだったが、雑誌の中で彼女はこれを「ばかげている」とコメント。

[PR]

 しかし、彼女はストーリーにケチをつけたのではなく、そのようなことをする人間がばかげていると言ったのだという。「ストーリーがばかげていると言ったんじゃないの。そんなことをする人間性を指して言ったのよ。『LAW & ORDER』は実際にあった事件を元にエピソードを製作するのは知っているわ。だから、こんなことが実際に起こっていること、そんなことをしている人がいることがばかげていると言ったの。人は他人に対しひどいことをする。それがばかげていると思う」と釈明した。

 『ドラゴン・タトゥーの女』は米国映画協会による2011年の映画トップ10に選ばれ、高い評価を受けている。日本では来年2月10日に封切り予定。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]