『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーとしてファイトシーンを演じた剣術士ボブ・アンダーソンさんが死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真はダース・ベイダー - Shirlaine Forrest / Getty Images

 SF映画の金字塔『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』や『スター・ウォーズ6/ジェダイの帰還』に登場するダース・ベイダーとしてファイトシーンを演じた剣術士ボブ・アンダーソンさんが、1月1日に亡くなったことがEmpireonline.comによって明らかになった。

 ボブ・アンダーソンさんは、1952年に英国のフェンシングのオリンピック選手として活躍し、その後俳優エロール・フリンが主演する映画『バラントレイ卿』で雇われ映画界に入る。さらに、数作のジェームズ・ボンド作品、映画『トゥルーナイト』『ハイランダー/悪魔の戦士』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『マスク・オブ・ゾロ』などのファイトシーンの振り付けを担当した。

 そして、彼のかかわった最も有名な作品は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』や『スター・ウォーズ6/ジェダイの帰還』に登場するダース・ベイダーとしてライトセーバーを使ったファイトシーンを演じていたことだ。ただ、この時はダース・ベイダーを演じていたデヴィッド・プラウズのダブルとして出演していた。だが、1983年にルーク・スカイウォーカー役を演じたマーク・ハミルが「ボブ・アンダーソンが、ダース・ベイダーのライトセーバーのファイトシーンを演じていた。これはずっと秘密にすべきこととされていたが、僕がジョージ・ルーカスに言ったんだ。ボブはものすごく真剣に働いていたから認知されるべきで、デヴィッド・プラウズがダース・ベイダーを一人で演じていたという神話はもう必要ないとね」とインタビューで明かすまで、ボブ・アンダーソンさんがあの伝説的なシーンを演じていたことは知られていなかった。

 彼は近年では、映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのファイティング・シーンの振り付けも担当していた。ご冥福をお祈りします。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]