チャン・グンソク、書き初めは「笑 www」!通訳ナシで質疑応答し日本語も日に日に上達!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
グンちゃん、日本のネットメディアも結構見てる?

 21日、TOHOシネマズ日劇1で映画『きみはペット』初日舞台あいさつが行われ、“アジアのプリンス”ことチャン・グンソクが、“ラブストーリーの女王”キム・ハヌルと共に舞台あいさつに登場、「こんにちは、チャン・グンソクです」というあいさつ一つで、超満員の女性ファンからは歓声というレベルをはるかに超えた“絶叫”が響き渡った。

映画『きみはペット』写真ギャラリー

 かつて『着信アリFinal』の完成披露試写会で舞台あいさつをしたことはあるものの、日本での映画舞台あいさつは久々となる彼は「今回は映画館での舞台あいさつ。まるで本物の俳優になったよう」とおどけてみせつつも、「日本で初日を迎えるということで、緊張でブルブルしていました」と付け加えた。

[PR]

 グンソクの日本語は日に日に上手になっており、この日も通訳ゼロで舞台あいさつを敢行。「“アジアのプリンス”と称されるあなたがなぜペット役を?」という質問にも、「正直、お金がなかったんです。しょうがなかったんです」とジョークで返すなどすっかり日本のエンタメ界にも馴染んでいる様子。続けて「ハヌルさんのペットになったら?」という質問にも「ハグをしてあげたい。そしてチャンスがあったら、次にはいろいろなことをしてあげらえると思う」という意味深なコメントに、会場の女性はキャーキャー! それを聞いたご主人さま役のハヌルは「気分が良ければそれもいいけど、気分が良くなければそれはいまいちね」と当意即妙なコメントで会場を笑わせた。

 間もなく韓国では旧正月(1月23日)を迎えるが、それにちなみ今年の抱負を聞かれたグンソクは書き初めの言葉として「笑 www」と発表。「仕事をするときも、疲れたときも何をするときでも笑顔でいたい。最近、友だちとメールをするときもたくさん『笑 www』を使っています」と満開の笑顔でコメント、会場の女性ファンの黄色い歓声は鳴りやむことがなかった。(取材・文:壬生智裕)

映画『きみはペット』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]