佐藤江梨子、吉川友の「わたしは売れないアイドル」発言を優しくフォロー!舞台で盲目のヒロインに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
売れないアイドル発言の吉川友と、後輩を優しくフォローした佐藤江梨子

 30日、臓器移植をテーマにした舞台「レシピエント」の制作発表会見が芸能花伝舎にて行われ、主演を務める佐藤江梨子加藤和樹のほか、キャスト陣と演出のG2が出席し舞台への意気込みを語った。佐藤は、売れないアイドル役で今作に出演するハロプロエッグ出身の吉川友が「わたしも役柄同様売れない感じで……」と自虐的にコメントすると、すかさず「そんなことない!」と叫ぶなど、後輩女優を優しくフォローしていた。

 本作は臓器提供者の姉で盲目の女性・信枝(佐藤)と、彼女の弟の臓器を移植されたことによって性格が変わってしまった借金の取り立て屋・会田(加藤)を中心に描く、命をめぐる物語。共演者として吉川、大野拓朗三上市朗橋本淳柳澤貴彦が脇を固めている。

 今作で盲目のヒロインにチャレンジすることとなった佐藤は「自分自身初めてのことがすごく多くて、この役を通じて勉強して考え方が変わったりしました。この役をいただいたことは特権だったなと思います」と新たなチャレンジに手応えを感じている様子。さらに「わたしを除いて、(共演者は)美男美女ばかりなのでこれからのけいこを楽しみにしています!」とユーモラスに語って周囲を笑わせる場面もあった。

[PR]

 一方、移植された臓器の持ち主の人格に引きずられていくという難役に挑む加藤は「僕自身、臓器移植に関して興味を持っていました。人体の不思議をどうお芝居で表現するか、これからのけいこで作り込んでいきたい。そこから生まれる感情や、今まで感じたことのない何かをこの作品で感じることができるのではと思っています」と今後のけいこへ向けて抱負を語った。

 また、この日佐藤からたびたび優しいツッコミを入れられていた吉川は「久々のこんなに大きな舞台なので、共演者の皆さんに必死に食らいついてがんばっていきたいです!」と初々しく語っていた。(古河優)

舞台「レシピエント」は2月29日~3月11日まで紀伊國屋ホールにて上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]