山田五郎、『アフロ田中』監督の童貞発覚に物申す! 慶応出身で童貞だなんてウソだ!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
本音全開トークで、松居監督の童貞疑惑を追及!? 爆笑をさそった山田五郎

 3日、新宿ロフトプラスワンにて、映画『アフロ田中』公開記念イベント、「アフロ田中 禁断の!? “D.T.”ナイト」が行われ、編集者で評論家の山田五郎が、松居大悟監督、原作者ののりつけ雅春山田真歩、格闘家の所英男らと共に出演、山田らしい本音トーク全開でイベントを盛り上げた。

映画『アフロ田中』写真ギャラリー

 先日、26歳にしてリアル童貞であることを暴露された松居監督にちなんでか、この日のイベントのテーマは童貞。しかし、改めて監督に「ガチ童貞ですか?」と質問が飛ぶ中、山田は納得がいかない様子。監督の「(女性と)付き合ったことはあるんですが、最後まではいかなかったんです」という答えに食い下がり、「最後まではいかないってどこまでのこと?」と発言。その後も次々に監督を問いつめる。

[PR]

 そして山田は、「童貞だなんてウソだよ。だって、映画監督っていうのはそもそも女優とセックスするっていう職業でしょ。そういう歴史があるんだから。だいたい主演とやります。しかもあなた慶応(大学)でしょ。慶応ってのは、全員がセックスできるっていう大学だよ」とギャグを飛ばしながら松居監督にたたみかけ、これには監督も答えに詰まり、たじたじといった様子だった。

 さらに山田は、映画について「最初、(田中役に)松田翔太はねえだろうと思った。イケメン過ぎるだろうと」と語るなど、集まった関係者たちを苦笑いさせる場面も。それでも作品の大ファンであることを公言する山田は、「昭和の、オイルショックのころの話で古いんだけど、どさくさにまぎれて童貞を捨ててしまった。達成感がなかったのをおぼえている」と自身の童貞喪失について触れつつ『アフロ田中』への共感を語るなど、辛口な発言を繰り返しつつも、この日の登壇者の中で一番熱心に作品について語っていた。(取材・文 名鹿祥史)

映画『アフロ田中』は2月18日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]