向井理、阿部寛の激励に感激!!「共演はいつも緊張していました」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
がっちり握手!-向井理&阿部寛

 13日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』大ヒット御礼舞台あいさつに、向井理がサプライズ出演し、会場を熱狂させた。映画に出演した阿部寛新垣結衣溝端淳平土井裕泰監督も出席したこの日のイベント。向井は、テレビドラマ「新参者」に売れない劇団員・清瀬弘毅役で出演を果たしていた縁で、今回の舞台あいさつに駆けつけた。

映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』写真ギャラリー

 『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』にもわずかながら出演している向井は、「気付かない人もいると思うけど一応出演者なので、駆けつけさせていただきました」と花束をもってサプライズ登場。映画に登場するポスターの撮影エピソードに触れて、「全体のクランクインの前日に誰よりも早くクランクインして、15分でクランクアップした思い入れ深い作品。思っている以上に出演時間も長くて、ありがとうございました」とにこやかに振り返った。

[PR]

 そんな向井にとって本作は、俳優としての大先輩・阿部から多くのことも学んだ思い入れ深い作品で、阿部から「いろいろな顔を持っている役者さんで、これからどんどんすごい人になっていくんだろうと思う」と役者としてのお墨付きをもらうと、すっかり恐縮。撮影当時を振り返り、「(阿部さんと共演するシーンでは)いつも緊張していました」と明かし、「本当にいろいろと吸収する部分を持つ大先輩で、毎回まねしたいと思わせてくれる方でした。今後もぜひ見習って一緒に仕事させていただきたいとしたいと思います」と感慨深く語った。

 また、明日にバレンタインを控えたこの日、向井は「(チョコは)もらえないと思います」と予想。「(2月7日に30歳の)誕生日でやりきった感があって、明日も現場だけどそっと静かに何もなく終わっていきそうな気がします」と語った。

 『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』は、東野圭吾のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」を基に、阿部寛主演で放送されたテレビドラマの劇場版。東京・日本橋で起こった殺人事件の謎に挑む主人公・加賀の姿と、事件に絡む人々の深いきずなを描く。(取材・文:中村好伸)

映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]