ヴィンス・ヴォーンとオーウェン・ウィルソン、7年ぶりにコメディー映画で共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
息のあった演技が期待できるオーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーン - Gareth Cattermole / Donna Ward / Getty Images

 2005年のコメディー映画『ウエディング・クラッシャーズ』で息のあったところを見せたヴィンス・ヴォーンオーウェン・ウィルソンが7年ぶりにコメディー映画『インターンズ(原題) / Interns』で再び共演することになった。

オーウェン・ウィルソン出演映画『ダージリン急行』写真ギャラリー

 この作品は、業績不振を理由にリストラされた長年の友人二人が、GoogleのようなIT企業で新しいキャリアをスタートさせようとインターンに応募するが、出世志向の強い狡猾な20代の若者に昇進を阻まれるというストーリーだ。
 
 当初ユニバーサルで製作予定だった作品だが、20世紀フォックスが獲得し、ヴォーンが手掛けた脚本を元に、今年の夏公開のヴォーン主演作『ネイバーフッド・ウォッチ(原題) / Neighborhood Watch』をプロデュースした映画『ナイト ミュージアム』『リアル・スティール』のショーン・レヴィがメガホンを取る。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]