マシュー・マコノヒー主演、ウィリアム・フリードキン監督のブラックコメディが、最も厳しいレーティング「NC-17」指定に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「NC-17」はちょっと厳しすぎない? - マシュー・マコノヒー

 劇作家トレイシー・レッツによる戯曲の映画化で、映画『エクソシスト』のウィリアム・フリードキンが監督、マシュー・マコノヒー主演の映画『キラー・ジョー(原題) / Killer Joe』に、レーティングの中でも最も厳しい、17歳以下は鑑賞不可の「NC-17」がつけられた。

マシュー・マコノヒー主演映画『フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石』写真ギャラリー

 本作は、麻薬ディーラーのクリスが、売り物の麻薬を母親に盗まれ、保険金目当てに殺し屋のジョーに母親殺しを依頼するというブラックコメディー。昨年のヴェネチア国際映画祭のコンペ部門で上映され、「テネシー・ウィリアムズとクエンティン・タランティーノを融合させた作品」と評された。

[PR]

 ウェブサイトdeadline.comによれば、アメリカの配給会社LDエンターテイメントは、際どく暴力的なシーンはあるが、「R指定」が妥当だと考えており、レーティングを再考してもらうべく交渉するとのことだ。

 最近では、セックス依存症がテーマの映画『SHAME -シェイム-』が、「NC-17」に指定されている。

 『キラー・ジョー(原題)』には、ほかに映画『スピード・レーサー』のエミール・ハーシュ、映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のジュノー・テンプル、『P.S.アイラヴユー』のジーナ・ガーションなどが出演、アメリカでは、サウス・バイ・サウスウェスト・フィルム・フェスティバルで3月にプレミア上映された後、今夏に劇場公開予定。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]