『借りぐらしのアリエッティ』、スタジオジブリ作品で北米最大のヒットに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
北米版『借りぐらしのアリエッティ』ポスタービジュアル - (C) 2010 GNDHDDTW

 先月より北米公開がスタートした映画『借りぐらしのアリエッティ』が1,520万ドル(約12億1,600万円)の興行収入を記録し、スタジオジブリにとって北米最大のヒット作になった。(数字は3日現在・Box Office Mojo調べ・1ドル80円計算)

 1,522スクリーンというスタジオジブリ最大の規模で公開された同作は、北米オープニング3日間で推定645万7,000ドル(約5億1,656万円)というスタジオジブリ作品史上最高のスタートを記録。これまで最大のヒット作だった『崖の上のポニョ』の北米興行収入を早晩追い抜くものとみられていたが、公開後わずか2週間での快挙達成となった。

 『ザ・シークレット・ワールド・オブ・アリエッティ / The Secret World of Arriety(アリエッティの秘密の世界)』というタイトルで北米公開された本作は、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原作に、舞台を日本に移した作品。2010年度に公開された邦画で最大のヒットを記録している。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]