『インセプション』でアカデミー賞撮影賞に輝いたクリストファー・ノーラン監督作品の撮影監督が、監督デビュー決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
待望の監督デビューが決定! - ウォーリー・フィスター - Ethan Miller / Getty Images

 映画『メメント』、『バットマン』シリーズ、『プレステージ』などで長年クリストファー・ノーランと組み、映画『インセプション』ではアカデミー賞撮影賞に輝いた撮影監督のウォーリー・フィスターが、長編映画の監督デビューを果たすことになった。

映画『インセプション』写真ギャラリー

 映画『インソムニア』の製作会社で、今回も製作を担当するアルコン・エンターテイメントのプロデューサー、ブロデリック・ジョンソンアンドリュー・A・コソーヴは、ウェブサイトdeadline.comで、「『インソムニア』で一緒に仕事をして以来、10年以上にわたって、ウォーリーの監督デビューの企画を話し合ってきた。ウォーリーは、我々がこれまで仕事をしてきた人物の中でも抜きんでた才能のアーティストだ」とコメントしている。

 作品の内容やキャストはまだ明らかにされていないが、撮影は今秋初めの予定。夢想と現実の世界を行き来する、見る者を煙に巻くような『メメント』の幻想的な映像、『バットマン』シリーズに代表されるダークな近未来映像、そして『インセプション』の常識を覆すような、世界が出現し消滅する映像を手がけるフィスターが自らメガホンを取ると、一体どんな作品になるのか。さらなる情報を待ちたい。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]