『X-MEN:ファイナル ディシジョン』のブレット・ラトナー監督、『ミッドナイト・ラン』続編監督交渉へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ミッドナイト・ラン』続編のメガホンを取ることになるのか? - ブレット・ラトナー監督 - Stephen Lovekin / Getty Images

 映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』『ペントハウス』のブレット・ラトナー監督が、映画『ミッドナイト・ラン』の続編監督の契約交渉に入ったとのニュースが伝わってきた。

映画『ペントハウス』写真ギャラリー

 1988年に製作された『ミッドナイト・ラン』は、マフィアの金を横領し慈善事業に寄付した会計士と、彼を連れ帰ろうとする元警官のバウンティ・ハンターの珍道中を描くロードムービーのヒット作。バウンティ・ハンターをロバート・デ・ニーロが、会計士をチャールズ・グローディンが演じ、ゴールデン・グローブ賞作品賞にノミネートされている。

[PR]

 24年経った今、いったい二人がどうなっているかというと、バウンティ・ハンターのジャックはその時に会計士から譲り受けた20万ドル(約1600万円)を使ってコーヒー・ショップのオーナーになっているという。

 デ・ニーロが同じ役で戻ってくるのは間違いないとしても、俳優業を引退してしまったチャールズ・グローディンのほうはどうなのか。驚いたことに彼もこのプロジェクトに大乗り気なのだそうだ。

 続編のオリジナルの脚本は映画『Black & White/ブラック & ホワイト』のティモシー・ダウリングがペンを執ったが、ユニバーサル・ピクチャーズは新たにデヴィッド・エリオットポール・ラヴェットという映画『G.I.ジョー』の脚本コンビを雇い、リライトしているとのことだ。

 映画『ラッシュアワー』シリーズでそりの合わない二人組を巧みに描いているラトナー監督が、好きなバディ・ムービーの上位に挙げるファンが多いこの名作を24年経った今どのように語るかが楽しみだ。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]