『モテキ』が2週連続の首位! 初登場作品6本を押さえて強さ見せる!

週間レンタルランキング

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
初登場作品をすべて下して、2週連続トップの『モテキ』! - (C) 2011映画「モテキ」製作委員会

 3月26日付けのTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、『モテキ』が初登場作品6本を押さえ、2週連続の首位となった。作品の話題性に加え、テレビシリーズを同じ棚に並べるレンタル店が多く、目立つこともユーザーにアピールしている様子。24日には、都内で開催されたDVD&ブルーレイ発売記念トークイベントに長澤まさみ大根仁監督が出席。レンタル開始から2週間が経っているが、再びメディア露出が増えたことも一役買っているものと思われる。

映画『モテキ』場面写真

 2位から6位には初登場作品が並んだ。2位は『アンフェア the answer』。劇場公開時に興収23.4億円の大ヒットとなった人気そのままに、レンタルでも人気を集めた。劇場公開時の客層は、配給元の東宝によると男女比が37対63、20代が31.1パーセント、30代が18パーセント、40代が16.2パーセントと20代~40代の女性が支持している。

[PR]

 3位は『ミッション:8ミニッツ』。劇場公開時は初登場5位だったので、レンタルで人気がややアップ。SFサスペンスというレンタルに強いジャンルがユーザーを引き付けている様子。そして4位は『マネーボール』。レンタルに強いジャンルではないが、ブラッド・ピットがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、メディアで度々取り上げられたことで再び話題性が喚起され、ユーザーの注目度がアップしたものと思われる。

 5位は『カウボーイ&エイリアン』。レンタルに強いSFアクションで、TSUTAYA CLUB MAGAZINE 4月号(3月20日発行)ではイチオシ作品として表紙を飾り1番目に紹介されているが、人気は広がらなかった。また、アクション映画『新少林寺/SHAOLIN』も6位とレンタル人気が伸び悩んだ。このほか、『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』が初登場で9位にランクインを果たした。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)。
1位『モテキ』(1位)、2位『アンフェア the answer』(初登場)、3位『ミッション:8ミニッツ』(初登場)、4位『マネーボール』(初登場)、5位『カウボーイ&エイリアン』(初登場)、6位『新少林寺/SHAOLIN』(初登場)、7位『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2位)、8位『ワイルド・スピード MEGA MAX』(3位)、9位『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』(初登場)、10位『八日目の蝉』(6位)

 来週は、邦画の話題作『DOG×POLICE 純白の絆』(3月28日レンタル)が登場。『モテキ』が3週連続1位となるか、今週初登場の6本がどこまで巻き返すかに注目したい。(取材・文:相良智弘)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]