ホイットニー・ヒューストンさんの葬儀に地元住民が激怒!約1,500万円が税金から支払われる!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ホイットニー・ヒューストンさんの棺 - James Devaney / WireImage / Getty Images

 ホイットニー・ヒューストンさんの葬儀が行われたアメリカのニュージャージー州ニューアークで、当日の治安維持のため残業することになった地元警察の賃金が税金から支払われることに対して抗議の声が上がっている。葬儀当日に勤務した警官は200人近く、残業代の総額は18万7,000ドル(約1,496万円)にもなるという。(1ドル80円計算)

ホイットニー・ヒューストンさん出演映画『ボディガード』写真ギャラリー

 ホイットニーさんの葬儀は2月中旬に行われ、映画『ボディガード』の共演者であるケヴィン・コスナーなど、1,000人を超す参列者が訪れた。だがCBSによると、その一方で警備にあたった地元警察の費用、しめて18万7,000ドルを税金で負担しなければいけないことに対して、地元住民が激怒しているという。

[PR]

 これは、同地の年間予算である400万ドル(約3億2,000万円)の約5パーセントにあたる金額であり、住民の一人は「失職者やホームレスがたくさんいるのに、これは本当に馬鹿げたことだ」とコメント。費用はホイットニーさんの遺族が負担すべきだという声は根強く残っている様子だ。

 この件に関して、同市長と警察署長はコメントを発表しておらず、どのような対応を行うのかが注目されている。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]