ジェニファー・アニストン主演映画『ミス・ユー・オールレディー』の親友役にトニ・コレット!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トニ・コレット - Brendon Thorne / Getty Images

 女同士の友情を描くドラマ『ミス・ユー・オールレディー(原題) / Miss You Already』で、ジェニファー・アニストンの親友役にトニ・コレットが決まりそうだ。

トニ・コレット出演映画『リトル・ミス・サンシャイン』フォトギャラリー

 ストーリーは、幼なじみの親友が、一人が妊娠し、一人が乳がんになったことで、その友情に少しずつ亀裂が入っていく様子を描くといい、コレットが演じるのは前者の方、二人の中では「少し保守的」な女性だという。当初はイギリス人女優を探していたようだが、オーストラリア人女優でもコレットほどの演技力があれば、まったく問題ないだろう。

 イギリス人の新鋭監督ポール・アンドリュー・ウィリアムスがメガホンを取り、イギリス人女優モーウェンナ・バンクスとともに脚本も執筆したというこの作品、ベット・ミドラー主演の1988年の感動作『フォエバー・フレンズ』のような涙あり笑いありの正統派の感動作だということだ。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]