アーミー・ハマー&ベン・キングズレー&ジョン・マルコヴィッチらがインディーズ映画に集結!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
名優たちとの共演にドキドキ? - アーミー・ハマー - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 映画『J・エドガー』のアーミー・ハマー、映画『ヒューゴの不思議な発明』のベン・キングズレー、映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のジョン・マルコヴィッチらがインディーズ映画『カット・バンク(原題) / Cut Bank』に集結することがcollider.comにより明らかになった。

アーミー・ハマー出演映画『J・エドガー』写真ギャラリー

 『カット・バンク(原題)』は2009年にブラックリスト(製作されなかった優秀な脚本)に選ばれた新鋭ロバート・パティーノの作品で、人気テレビドラマ「Dr.House」のエピソードを多く監督してきたマット・シャックマンがメガホンを取り、映画化されることになった。

[PR]

 ストーリーは、渓谷近くにあるカットバンクという人口3,000人ほどのモンタナの小さな町を舞台に、退屈で古風な町から出たがっている高校時代にもてはやされた元フットボール選手で、今は自動車修理工で生計を立てている青年(ハマー)を中心に進む。彼の町を出たいとする行動から、いろいろな事件が起こり、彼の人生、ひいてはカットバンクの将来も変わる様を描くアンサンブルドラマとのこと。

 アーミー・ハマーは映画『ミラー・ミラー(原題) / Mirror Mirror』で白雪姫を助ける王子役を演じており、現在はジョニー・デップとともに映画『ザ・ローン・レンジャー(原題) / The Lone Ranger』を撮影中だ。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]