『ヘルプ』のテイト・テイラー監督、英テレビシリーズ映画化の交渉中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イギリスのテレビシリーズを映画化! - 監督&脚本家のテイト・テイラー - Gregg DeGuire / FilmMagic / Getty Images

 映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』の監督・脚本をつとめたテイト・テイラーが、2002年にイギリスで製作・放映されたテレビミニシリーズ「ザ・ジュリー(原題) / The Jury」の映画化の監督と脚本を担当する話が進んでいるとウェブサイトdeadline.comが報じた。

映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』写真ギャラリー

 「ザ・ジュリー(原題)」は、ジェラルド・バトラーマーク・ストロング出演、6エピソードからなるミニシリーズ。クラスメートを殺害した罪で告発された若いシーク教徒の学生の裁判を扱い、その内実や陪審員の素顔に焦点を当てながら、判決までの過程を追ったものである。

[PR]

 本作品の映画化権は2007年に獲得され、映画『007/慰めの報酬』『主人公は僕だった』のマーク・フォースターが監督を、ジョージ・クルーニー監督作『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』の原作者ボー・ウィリモンが脚本を担当するという話が出ていたが、それ以来動きはなく、ここに来てテイト・テイラーという、ここ最近の注目株の名が出てきた。

 テイラーは、テレビドラマや短編を中心とした俳優歴の方が長く、映画『アーティスト』に出演しているミッシー・パイル主演の映画『プリティー・アグリー・ピープル(原題) / Pretty Ugly People』で長編監督デビュー、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』では、英国アカデミー賞や放送映画批評家協会賞の脚色賞にノミネートされ、今後が期待されるフィルムメイカーの一人である。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]