パラマウント・ピクチャーズが100周年、第1回アカデミー賞作品賞『つばさ』がアメリカで再上映!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第1回アカデミー賞作品賞『つばさ』 - Photofest/AFLO) [2343]

 1929年、第1回アカデミー賞の作品賞を受賞した映画『つばさ』が、アメリカの映画館で再上映されることがわかった。

 これは、パラマウント・ピクチャーズが100周年を記念して、復元されたサイレント映画『つばさ』を5月2日と5月16日の二日間、アメリカのシネマーク・シアターで上映されることになった。

 同作のストーリーは、幼なじみの二人の若者ジャック(チャールズ・ロジャース)とデヴィッド(リチャード・アーレン)は、第一次世界大戦中に米国が参戦する航空隊に志願し、フランス戦線で米空軍として戦っていく姿を描いた元祖“航空映画”作品で、後の映画『スター・ウォーズ』などを含めた戦闘機における空中戦に多大な影響を与えた不朽の名作。しかも、当時破格の予算200万ドル(1億6,000万円=1ドル80円の換算)掛けて製作された超大作だった。監督は、映画『スタア誕生』(1937年)や『G・I・ジョウ』のウィリアム・A・ウェルマンがメガホンを取っていた。

 ちなみに、後にスターとなるゲイリー・クーパーも端役で出演しているなど、見所満載の作品で、ぜひ映画館で観ておきたい作品だ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]