宮崎あおい&向井理、初共演で夫婦役!廣木隆一監督『きいろいゾウ』で生き物の声が聞こえる妻と売れない小説家に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
宮崎あおい&向井理

 西加奈子の同名小説を廣木隆一監督が映画化する『きいろいゾウ』で、宮崎あおい向井理が初共演を果たし、夫婦役を務めることが明らかになった。

 原作の帯に「いつか、この小説の「ツマ」役を演じてみたいです」とコメントを寄せていた宮崎と、雑誌「ダ・ヴィンチ」でおすすめの1作に「きいろいゾウ」を上げていた向井。導かれるようにそんな二人に生き物の声が聞こえる妻・妻利愛子(ツマリ アイコ)役と売れない小説家の無辜歩(ムコ アユム)役がめぐって来た。

 向井について、「2回ほどお会いしたことがあったのですが、その時の印象でいうと……話にくい人なのかなと、ちょっと思っていました(笑)」という宮崎。共演してみるとそのイメージはがらりと変わったそうで、「話しやすい方ですし、すごくいい意味で、普通だったんです(笑)。それがとても安心しましたし、ツマとムコを一緒に作っていくなかで、きちんとふたりの関係性を作り上げることができるなあと思いました」と共演の感想を語った。

[PR]

 一方の向井にとって、宮崎はイメージしたとおりだった様子。「このままの感じの人なのかなという部分と、絶対何か隠し持ってるなと思っていた部分がありました(笑)。ハートの部分で、外見でイメージするだけじゃない人だろうと思っていたので。それは想像どおりで、筋がある方だなという感じがします」と印象を語っている。

 二人共、原作ファンであったことで、役づくりものびのびとできたようで、宮崎は原作のイメージから「前髪をすごく短く切りたいと思っているんです」と監督に自ら打診。監督も同じ思いであったことから実際に前髪を短く切り、「ああ、ツマになれた」と思ったことを明かしている。向井も、「自分の中で想像していたムコ像があったので、それに近づくというか、実写化して世界観を作り出すというのをどこまで原作のイメージに近づけられるのか」と今回の役づくりは通常とは少し異なるものになったという。

 『余命1ヶ月の花嫁』『だいじょうぶ3組』のようなドキュメンタリータッチの作品から、『軽蔑』のような鮮烈なラブストーリーまで幅広い作品を手掛けてきた廣木監督は、「自分のどの映画にも似ないようにしたい」と語っており、「あおいちゃんと向井くんの今まで見たことのない表情や芝居を引き出せたら」とも。4月11日にクランクインした本作は、三重県などで撮影を行い、5月11日にすでにクランクアップを迎えている。今回公開された写真では、前髪を短く切った宮崎とうっすらとひげを生やした向井が、新たな顔をのぞかせている。

 『きいろいゾウ』は、周囲の生き物の声が聞こえてしまう妻利愛子(ツマリ アイコ)と背中に大きな鳥のタトゥーを入れた売れない小説家の無辜歩(ムコ アユム)のお互いを「ツマ」「ムコさん」と呼び合う夫婦の物語。ある日、背中の大きな鳥にまつわる出来事に導かれ、ムコさんはツマを残して東京へ向かう。(編集部・島村幸恵)

映画『きいろいゾウ』は2013年新宿ピカデリーほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]