故深作欣二監督の妻・中原早苗さんが心不全のため死去 76歳

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 故深作欣二監督の妻で、自身も女優として活躍していた中原早苗さんが15日、心不全のため亡くなった。喪主は、映画監督・プロデューサーの長男・深作健太氏が務める。

 中原さんは1953年の映画『村八分』を皮切りに、『太陽の季節』『ギターを持った渡り鳥』など数々の作品に出演。深作欣二監督とは1965年に結婚し、2003年に深作監督が亡くなるまで寄り添った。監督の代表作である『仁義なき戦い』シリーズにも出演している。

 通夜ならびに葬儀・告別式は喪主と遺族の意向により、密葬にて執り行われる。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]