デミ・ムーアが女優業復帰!入院&離婚後初めての映画出演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
久しぶりの明るい話題です - デミ・ムーア - Jason Merritt / Getty Images

 昨年11月にアシュトン・カッチャーと離婚することを発表し、体調不良で入院して以来一線を退いていた女優のデミ・ムーアが、仕事復帰することが明らかになった。デミが新作映画の契約書にサインをしたとE!オンラインが報じている。

デミ・ムーア出演映画『ゴースト/ニューヨークの幻』写真ギャラリー

 デミの復帰作となるのは『ベリー・グッド・ガールズ(原題) / Very Good Girls』というタイトルのインディーズ系映画。ジェイク・ギレンホールの母親としても知られるナオミ・フォナーが初めてメガホンを取る本作は、バージンを捨てたいと願う二人の少女の物語で、まさに現代版『リトル・ダーリング』といったところ。

[PR]

 主人公の少女にはエリザベス・オルセンとダコタ・ファニングが決まっており、デミが演じるのはエリザベスの母親。しかしこの母親は一筋縄ではいかない人物で、何十年も編み込みのヘアースタイルを変えず、娘に自分をファーストネームで呼ばせ、「フリーラブ」を信じているヒッピー・ママになるようだ。

 また、二人の少女が恋する青年役には『スター・トレック』のアントン・イェルチン、そのほかピーター・サースガードダスティン・ホフマンシシー・スペイセクといったそうそうたるメンバーの出演が決まっており、デミの復帰作にふさわしい映画といえそうだ。撮影は、数週間以内にニューヨークで開始される。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]