NHK、新藤兼人監督の追悼番組放送 100年インタビュー「映画監督・脚本家 新藤兼人」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新藤兼人監督

 NHK BSプレミアムにて、29日に老衰のため100歳で亡くなった新藤兼人監督の追悼番組として、昨年8月に放送した番組「100年インタビュー『映画監督・脚本家 新藤兼人』」を放送することが発表された。

 「100年たっても色あせない、100年後の日本人にも見てもらいたい、そんな願いをこめたインタビュー番組」として、渡辺謙山田洋次市川團十郎坂本龍一森光子宮崎駿立川談志蜷川幸雄王貞治らへのインタビューを行ってきた同番組。くしくもそのタイトルが、新藤監督の享年と重なる。新藤監督のインタビューは、昨年8月13日に放送されたもので、収録が行われたのは、7月22日だったという。

 同番組で新藤監督が語った「100年たっても色あせない、100年後の日本人にも見てもらいたい思い」は、自らの戦争体験を基に、生き残った兵士と戦死した友人の家族の崩壊と再生への道のりを、豊川悦司大竹しのぶの共演で描いた映画、『一枚のハガキ』にも込められているという。

[PR]

 「戦争の本質は家族を破壊することである」。「100年インタビュー『映画監督・脚本家 新藤兼人』」の中で、子どものころに体験した一家離散、必死に働き続けた母親のこと、ふるさと広島の原爆、女優・乙羽信子との出会いなど自らの半生を語った新藤監督。同番組からは、新藤監督が生涯、映画を通して描いてきた、「人間と家族」「戦争」が、遺作となった『一枚のハガキ』に集約されていることが伝わってくる。(編集部・島村幸恵)

「100年インタビュー『映画監督・脚本家 新藤兼人』」はNHK BSプレミアムにて6月3日(日)午前11時から午後0時30分まで放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]