ジム・キャリーが降板した『ジム・キャリーはMr.ダマー』続編の企画は立ち消え!相棒役のジェフ・ダニエルズが断言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
残念ながらロイドとハリーを再びスクリーンで観ることはできないようです。『ジム・キャリーはMr.ダマー』より - 写真:AFLO

 製作・配給を手掛ける米ニュー・ライン・シネマとワーナー・ブラザーズの間の対立が原因で、製作準備が進められていた映画『ジム・キャリーはMr.ダマー』の続編からジム・キャリーが降板するニュースが伝えられたばかりだが、相棒役のハリーを演じるジェフ・ダニエルズは、続編の企画自体が消滅したことをTMZ.comの取材に対して明かしている。

 TMZが収めた動画取材で、「『ジム・キャリーはMr.ダマー』の続編はありますか?」という記者の質問に「全部ネット上での情報だよ。(続編は)ないね」とダニエルズは断言している。続編の企画が、頓挫しそうな気配を帯びてきたからジム・キャリーは降板を申し渡したのか、あるいは、キャリーの降板がなければ企画は順調に進んでいたのか、今となっては定かではないが、ロイドとハリーの名コンビの20年後を目にできるのを心待ちにしていたファンには、残念なニュースだ。

 ダニエルズは、ブルース・ウィリスジョセフ・ゴードン=レヴィットが同一人物の年老いた姿と若い頃を演じる、今年9月にアメリカで公開予定のSFアクション映画『ルーパー(原題) / Looper』に出演している。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]