バットマンとスーパーマンが夢の競演!…レゴだけど!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バットマン&スーパーマンがレゴに!? - Amanda Edwards / Getty

 組み立てブロック玩具「レゴ」をモチーフにした映画で、バットマンとスーパーマンというDCコミックを代表するスーパーヒーローが共演を果たすことが明らかになった。

映画『ダークナイト ライジング』場面写真

 2014年の全米公開を予定している映画『レゴ: ザ・ピース・オブ・レジスタンス(原題) / LEGO: The Piece of Resistance』は実写とアニメーションを組み合わせた作品。Varietyによると、作中で二大ヒーローがどういった役割を担うのかは伏せられたままだが、バットマンの声にはウィル・アーネット、スーパーマンの声にはチャニング・テイタムがそれぞれ候補に挙がっているという。

[PR]

 人気キャラクターを同一作品に登場させるクロスオーバーの手法は珍しいものではなく、バットマンとスーパーマンはアニメーション作品やコミック「バットマン: ダークナイト・リターンズ」などで共演。また、マーベル・コミックでは世界中で大ヒットを記録している映画『アベンジャーズ』がその最たる例であり、DCコミックも同趣向の「ジャスティス・リーグ」の映画化を企画中だ。

 それに先駆け、レゴという形ではあるものの、スクリーンで共演を果たすバットマンとスーパーマン。本作の製作を務める米ワーナー・ブラザーズは、クリストファー・ノーラン版「バットマン」完結作の『ダークナイト ライジング』の後には、「スーパーマン」のリブート作である『マン・オブ・スティール(原題) / Man of Steel』を配給するという縁もある。

 監督を務めるのは、映画『くもりときどきミートボール』のフィル・ロードクリストファー・ミラー。続報が楽しみな作品だ。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]