アントワーン・フークア監督『オリンパス・ハズ・フォールン』にディラン・マクダーモット出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アントワーン・フークア監督作品でシークレット・サービスを演じることになったディラン・マクダーモット - Allen Berezovsky / Getty Images

 映画『トレーニング デイ』や『キング・アーサー』のアントワーン・フークア監督の新作『オリンパス・ハズ・フォールン(原題) / Olympus Has Fallen』に、テレビドラマ「ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル」のディラン・マクダーモットの出演が決定したとVarietyが報じた。

 ディラン・マクダーモットはジェラルド・バトラーとともにテロリストに占拠されたホワイトハウスから大統領を救い出すシークレット・サービスを演じるという。なお大統領役には映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』の主人公を演じたアーロン・エッカートが決定したと報道があったばかりだ。

 ディラン・マクダーモットは、過去には1993年のクリント・イーストウッド主演の映画『ザ・シークレット・サービス』でもシークレット・サービスを演じている。あの作品ではジョン・マルコヴィッチ演じるテロリストの手に落ちたマクダーモットだったが、今回はどうなるだろう。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]