『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督の新作で、エイミー・アダムスが再タッグ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再びタッグを組むことになったデヴィッド・O・ラッセル監督とエイミー・アダムス - John Sciulli / Getty Images(左)

 映画『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督の映画で以前に『アメリカン・ブルシット(原題) / American Bullshit』というタイトルが決まっていた作品に映画『ザ・ファイター』で渾身の演技を見せたエイミー・アダムスが出演することがHollywood Reporterなど複数メディアによって報じられた。

デヴィッド・O・ラッセル監督、エイミー・アダムス出演 映画『ザ・ファイター』写真ギャラリー

 ストーリーは、1970年代を舞台に、ワシントンとアトランティック・シティで起きた、何人もの下院議員が関与した有名な「アブスキャム事件」という収賄事件を題材に、詐欺師とFBIがタッグを組んでおとり捜査で解決していくという設定で、すでに詐欺師にはブラッドリー・クーパーが、FBI捜査官にはジェレミー・レナーがキャスティングボードにあがっている。

[PR]

 エイミー・アダムスの役柄はブラッドリー・クーパー演じる詐欺師の愛人かつ詐欺の相棒になるとのこと。

 ラッセル監督作品『ザ・ファイター』で3度目のアカデミー賞ノミネーションを受けたエイミー・アダムス、監督との息はぴったりなのだろう。ジェレミー・レナーの参加に続き、ますます楽しみな作品になってきた。

 エイミー・アダムスの待機作にはクリント・イーストウッド共演の野球映画『トラブル・ウィズ・ザ・カーブ(原題) / Trouble with the Curve』、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の映画『ザ・マスター(原題) / The Master』、スーパーマンのリブート作品『マン・オブ・スティール(原題) / Man of Steel』などがあり、現在は俳優アンドリュー・レヴィタスの監督デビュー作『ララバイ(原題) / Lullaby』を撮影中だ。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]