アメコミ「バットマン」が発売延期に…銃乱射事件の影響で

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
関係各所へさまざまな影響を与えている銃乱射事件のあった映画館Century Aurora 16 - Thomas Cooper / Getty Images

 現地時間20日にアメリカ・コロラド州オーロラで『ダークナイト ライジング』上映中に発生した銃乱射事件の影響を鑑み、DCコミックが「バットマン」のコミック新刊の北米発売を延期することが明らかになった。すでに商品が到着している小売店もあるというが、8月22日まで販売はされない見通しだ。

映画『ダークナイト ライジング』フォトギャラリー

 Hollywood Reporterによると、DCコミックは事件被害者への追悼の意味を込め、「バットマン・インコーポレイテッド(原題) / Batman Incorporated」第3巻の発売延期を決定。これを受け、作者のクリス・バーナムも自身のツイッターで「新刊の発売は延期されることになりました。作中の残酷描写がオーロラでの惨劇の後では不適切であると判断されたためです」と告知した。

 コロラド州で発生した事件は波紋を広げており、当初予定されていたキャスト・スタッフのプレミア出席はすでにキャンセルクリストファー・ノーラン監督がコメントを発表したことに加え、主演のクリスチャン・ベイルが被害者を慰問したことも大々的に取り上げられた。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]