デヴィッド・ボウイ、ザ・ローリング・ストーンズ…オリンピック参加を断った大物たち 主催者が明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こんなパフォーマンスを閉会式で観たかった… - デヴィッド・ボウイ - L. Busacca / WireImage / Getty Images

 デヴィッド・ボウイザ・ローリング・ストーンズセックス・ピストルズケイト・ブッシュが現地時間12日に行われたロンドンオリンピック閉会式への出演オファーを断っていたことが明らかになった。英The Gurdianが報じている。

デヴィッド・ボウイ出演!映画『プレステージ』フォトギャラリー

 同閉会式は、イギリスの音楽の50年間を振り返るという構成。ザ・フー、ペット・ショップ・ボーイズ、クイーンのブライアン・メイをはじめとする大物ミュージシャンが出演したのみならず、さらにはジョージ・マイケルのカムバック、スパイス・ガールズの再結成といった演出があった。

[PR]

 だが、主催者が明かしたところによると、2006年を最後にコンサートツアーを行なっていないボウイは、パフォーマンスはもちろん、姿を現すことも拒否。結局、閉会式でボウイは映像での出演になった。

 また、ザ・ローリング・ストーンズ、セックス・ピストルズ、ケイト・ブッシュには出演料として1,500万ポンド(約18億円・1ポンド120円計算)が用意されたというが、出演はかなわなかったという。

 開会式では、元ザ・ビートルズポール・マッカートニーがトリとして出演し、「ヘイ・ジュード」をスタジアムに詰め掛けた大観衆と共に合唱。その数日後には、出演料がわずか1ポンド(約120円)であると明らかになったことも話題になった。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]