『イースタン・プロミス』続編の製作中止!デヴィッド・クローネンバーグがぶっきらぼうに明かす!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
CEOに理由を聞いておくれよ - デヴィッド・クローネンバーグ - Marc Stamas / Getty Images

 映画『ザ・フライ』や『ヒストリー・オブ・バイオレンス』などで知られるデヴィッド・クローネンバーグ監督が、自身の監督作『イースタン・プロミス』続編の製作が中止になったことをIndiewireのインタビューで明かした。

映画『イースタン・プロミス』フォトギャラリー

 これは、最新作『コズモポリス(原題) / Cosmopolis』宣伝のため行われた同サイトのインタビュー中にクローネンバーグ監督が答えたもので、「我々は今年の10月に映画『イースタン・プロミス』の続編を撮影する予定だったが、製作中止となった……。もしそれが気に入らないなら、(製作会社)フォーカス・フィーチャーズのジェームズ・シェイマスに聞いてみることだね」とぶっきらぼうな様子で語ったという。

[PR]

 本作のアメリカ国内における興収は、1,727万ドル(約13億8,160万円)と金額だけを見ると決して続編を制作するような興行とは言えない。ただ、海外では3,880万ドル(約31億400万円)を稼いでおり、トータルの興行を考えれば決して損失が見込まれるような作品ではないように見える。しかし、近年フォーカスは新作がことごとく興行で失敗しているといい、ジェームズも苦渋の決断を強いられたようだ。(数字はBox Office Mojo調べ・1ドル80円計算)

 本作は、ロシアのマフィアによる人身売買をテーマにした映画で、ヴィゴ・モーテンセンナオミ・ワッツが出演した。残念な決定となったが、独立系作品中心に映画製作をしているフォーカス・フィーチャーズを経営する上では、仕方のない決断なのかもしれない。 (細木信宏 / Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]