劇場版『銀魂』第2弾は2013年公開!テレビシリーズは10月より再開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イベントに登壇した声優陣 - 左から、阪口大助、杉田智和、釘宮理恵

 26日、空知英秋の人気マンガを原作にしたアニメ「銀魂」の劇場上映イベント「よりぬき銀魂さんオンシアター2D」が行われ、劇場版第2弾が2013年に全国公開されることが発表された。併せて、10月4日よりテレビシリーズがテレビ東京系で再開されることも明らかになった。

シリーズ前作『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』場面写真

 2010年の『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』に続く劇場版第2弾は原作者・空知による全編書き下ろしの新作エピソードで、2013年に全国公開。製作が発表された同イベントは全国77館でライブビューイング上映され、約2万人が参加。発表されると、会場からは歓喜の声援と拍手がわき起こった。

[PR]

 同イベントに登壇した主人公・坂田銀時役の杉田智和が「『我々は期待をあおられることを強いられているんだ』。ならばこの流れ、一番いい形で乗るまでです」とコメントすれば、志村新八役の阪口大助は「ほほう、映画化ですかぁ。毎度言ってますが信じられませんよ。まだアフレコどころか台本ももらってないですからね。上映されるまでドキドキしていると思いますよ(笑)。みなさんも無事に上映されるように祈っていてくださいませ」と、神楽役の釘宮理恵は「とてもとてもうれしいです!! 今度はどんなお話になるのか、今からとても楽しみです。たくさんの方々に楽しんで観ていただける作品になると良いな、と心から願っています」とそれぞれ、喜びを口にした。

 2003年から週刊少年ジャンプで連載されている「銀魂」は、単行本発行部数4,400万部超の人気コミック。宇宙人・天人(あまんと)の来襲を受け、世俗や流行、常識が現代日本に非常に近くなったパラレルワールドの江戸を舞台に、「万事屋・銀さん」こと坂田銀時の活躍を描いた作品。2006年からはテレビアニメ化されており、2010年には『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』として映画化もされた。同作は全国89館で公開され、興行収入10億円を超えるヒットを記録した。(編集部・福田麗)

『劇場版 銀魂』第2弾は2013年全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]