樹木希林、オセロ中島問題には「つながされている」感じ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「つながせられている感じ」と語った樹木希林と松坂桃李

 女優の樹木希林が11日、東京国際フォーラムで行われた映画『ツナグ』の完成披露会見に出席した。映画のタイトルにちなみ、オセロ・中島知子の家賃滞納問題などの「ツナグ」役を務めていることについて聞かれると、「自分でつないでいるわけではなくて、人が言ってくるので、責任を感じてしゃべっているだけです。つながされている感じです」と心中を話した。

映画『ツナグ』写真ギャラリー

 この日は樹木のほか、映画単独初主演を果たした松坂桃李をはじめ、桐谷美玲橋本愛大野いと遠藤憲一八千草薫平川雄一朗監督が出席。本作はすでに死んでしまった人との再会を仲介する使者・ツナグを通じて人と人とのつながりや絆の大切さを描く感動作で、完成した作品を観て心境に大きな変化があったという松坂は「観終わった後に親に電話して、今までなかなか言えなかった『ありがとう』という言葉を言えるようになりました」とすがすがしい笑顔で話した。

[PR]

 さらに本作について「財産です」という松坂。「今後の役者人生の中で、10年、20年先に振り返ったときに、この作品ができあがったからこそ僕は生かされていると思えるくらい、濃密な時間を過ごすことができたんじゃないかな」としみじみ話すと、平川監督から「撮影時間長かったのに、何も文句も言わず、こんなに忍耐強い若者がいるのかと思いました」と褒められ「現場が好きなだけです」と恐縮する場面もあった。

 会見には松坂が樹木の手を引いて登場し、まるで本当の祖母と孫のように寄り添う一幕も。松坂の好青年ぶりに感動した様子の樹木は「(松坂が)劇中の女性同士の争いを観て恐ろしいと言っていましたけど、男の嫉妬(しっと)もすごく恐ろしいのです。世の中に出ればいろいろあります」と芸能界の荒波の中でもまっすぐ成長していけることを願っていた。(取材・文:中村好伸)

 本作は、辻村深月の小説を実写化したファンタジー・ドラマ。死んだ者と生きる者の再会を仲介する使者“ツナグ”の見習いを努める高校生(松坂)が、さまざまな依頼者の姿を目の当たりにして成長する姿を追う。

映画『ツナグ』は10月6日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]