広末涼子&稲垣吾郎、映画初共演!娘を亡くした夫婦に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
広末涼子-『桜、ふたたびの加奈子』より

 広末涼子稲垣吾郎が夫婦役を務め、新津きよみの小説「ふたたびの加奈子」を映画化することが明らかになった。映画のタイトルは、『桜、ふたたびの加奈子』。広末と稲垣は、テレビドラマ「トライアングル」などで共演していたが、映画での共演は、今回が初となる。

 本作は、小学校入学を前にした娘・加奈子を亡くした夫婦の物語。広末演じる妻・容子は、自責の念に駆られて娘の部屋で自殺を図り、一命を取り留めて以来、不思議な行動をとるようになり、さらにはある日出会った女子高生・正美(福田麻由子)のおなかにいる子を、加奈子の生まれ変わりだと言い始める。

 そんな容子に「加奈子は、もういないんだ」と言い聞かせる夫を演じた稲垣は「子を亡くした深い悲しみにくれる妻をサポートする父親役に最初は戸惑いがありましたが、演技に集中できるように監督やスタッフの方々の配慮があり、僕自身、命の大切さ、そして生きる喜び、悲しみを受け止め演技することができました。奇跡を信じることは無駄ではない、そんな思いを込めた素敵な作品です。ぜひ一人でも多くの人に観ていただきたいと思います」とコメント。

[PR]

 広末も「苦しいこと悲しいことがあっても生きていく力、命の力、そしてそれが導く奇跡をカタチにした映画だと思います。たくさんの方に勇気を与えられる映画になればいいなと思います」と映画の魅力を語った。メガホンを取ったのは、映画『飯と乙女』の栗村実監督。「『もしも生まれ変わりというものがあり、そして愛する人の生まれ変わりを見つけてしまうという偶然が起きたら、人はどうするのか』という問いについて、誰もが自分なりの想像を巡らせ、膨らませ、身の回りの人たちとその想像を共有する体験を楽しんでいただけたらと願っています」と語っている。

 広末、稲垣のほか、テレビドラマ「バッテリー」で準主役に抜てきされた高田翔が高校生役で映画初出演、登場人物全ての接点となる古本屋の店主役で江波杏子が出演する本作。映画『十三人の刺客』で暴君を好演した稲垣が、妻を支える夫をどう演じたのか? 広末と稲垣が紡ぐ夫婦の物語に注目したい。(編集部・島村幸恵)

映画『桜、ふたたびの加奈子』は2013年4月6日より新宿ピカデリーほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]