ゴスペラーズ、宮崎あおいをイメージした新曲を書き下ろし!向井理と共演の映画『きいろいゾウ』主題歌に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゴスペラーズ

 ゴスペラーズが、宮崎あおい向井理が初共演で夫婦を演じる映画『きいろいゾウ』の主題歌を書き下ろしたことが発表された。ゴスペラーズは、宮崎演じる妻利愛子(通称ツマ)をイメージし、楽曲を書き下ろしたという。

 ゴスペラーズが、宮崎演じるツマから受けた印象は、「氷のような冷たさの中にでも、花を咲かせることができる」というもの。主題歌には「氷の花」とタイトルが付けられた。また、「ぬくもりが もし 心を 傷つけるのなら 触れない」といった歌詞は、向井演じる無辜歩(通称ムコ)が抱いているツマへの畏敬の念にも近い感情を表しているのだという。

 ゴスペラーズは「映画の主題歌という大役は、歌手にとって本当にうれしいものです。この曲がどんなふうに作品にとけ込むのかとても楽しみです。映画を観られた方が少しでも『ムコ』が『ツマ』を見つめる気持ちに寄り添っていただくお手伝いができたらと思いながら歌いました」とコメント。

[PR]

 そんなゴスペラーズの楽曲に、プロデューサーの松本整は、「ツマとムコの夫婦には、『ムコがツマを見守り優しく包み込んでいる』という特徴があります。ゴスペラーズさんは日本を代表するヴォーカル・グループでありますし、男性の美しいハーモニーで映画全体も包みこんでいただけたらと思いました。その期待を越える素晴らしい楽曲に仕上がっていると思います」と大満足の様子だ。

 西加奈子の同名小説を『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一監督が映画化する本作。木々や動物たちの声が聞こえるツマと背中に大きな鳥のタトゥーの入った売れない小説家のムコの夫婦の物語を、出演をかねてより切望していたという宮崎と向井の共演で送る。共演は、人気子役の濱田龍臣浅見姫香本田望結、そして実力派俳優の柄本明松原智恵子リリー・フランキー緒川たまき。さらに大杉漣柄本佑安藤サクラ高良健吾の豪華キャストが、動物や植物の声を担当した。(編集部・島村幸恵)

映画『きいろいゾウ』は2013年2月2日より新宿ピカデリーほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]