ダニエル・デイ=ルイス『リンカーン』で仰天役づくり!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
徹底した役づくりをして撮影に挑んだダニエル・デイ=ルイスのリンカーン大統領、楽しみですね! - (C) 2012 TWENTIETH CENTURY FOX

 入念な役作りで知られるダニエル・デイ=ルイスは、11月より全米公開される、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『リンカーン(原題) / Lincoln』でも、持ち前の完璧主義を発揮したようだ。

ダニエル・デイ=ルイス出演 映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』写真ギャラリー

 TIME.comが伝えたところによれば、映画の撮影中の昨年夏、デイ=ルイスは、メアリー・トッド・リンカーン夫人役のサリー・フィールド宛てに、リンカーンとしてテキストメッセージを送ったのだそう。送られてきたのはユニークな詩で、「そこに、親愛なるAより、と署名がされていたのよ」とフィールドは明かしている。お返しにメアリーとして返信したフィールドは、もっとほかに生産的なことがあるだろうに、時間の無駄使いをしないように、とデイ=ルイスをたしなめたという。

[PR]

 さらにデイ=ルイスは、監督のスピルバーグに、リンカーンを模した声で録音したカセットテープを送ったこともあったのだそう。「再生してみると、そこには、リンカーンの声でシェイクスピアとリンカーンの第2期就任演説が入っていた」とスピルバーグはコメント。「読み終わったら、電話をくれないか? 世間話をしよう」と書かれた手紙が入っており、即座に電話をし、「一体誰なんだ?」と問いただしたと、スピルバーグは話している。

 すでに、リンカーンそっくりの外見のデイ=ルイスの写真が注目を集めているが、その背景には、徹底した役作りの過程があったようだ。(鯨岡孝子)

映画『リンカーン(原題)』は2013年4月、TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]