オスカー俳優ハビエル・バルデム、ハリウッド殿堂入り

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ついにハリウッド殿堂入り! - ハビエル・バルデム - Jason Merritt / Getty Images

 映画『ノーカントリー』でアカデミー賞助演男優賞を獲得したスペイン出身の人気俳優ハビエル・バルデムが、ハリウッド殿堂入りを果たすことがわかった。Hollywood Chamber of Commerce(ハリウッド商工会議所)の公式サイトで発表された。

ハビエル・バルデムが敵役で出演! 映画『007 スカイフォール』場面写真

 これは、アメリカで活躍するプロデューサー、監督、俳優、ミュージシャンなどの功績をたたえるHollywood Chamber of Commerce(ハリウッド商工会議所)によって行われる式典で、ハビエルは11月8日にハリウッド・ブルバードにあるエル・キャピタン・シアターの前で、2,484番目のスターとして刻まれることになった。

[PR]

 ハビエルは、1969年スペインのカナリア諸島ラスパルマス生まれ。芸能一家に育ち、1990年に映画『ルルの時代』で本格的にスクリーンデビュー。これまでに、スペインのアカデミー賞といわれるゴヤ賞を5度受賞している。映画『コラテラル』などでハリウッドでも活躍し始め、2007年の映画『ノーカントリー』でアカデミー賞助演男優賞を受賞した。私生活では女優ペネロペ・クルスと結婚し、現在1歳の長男がいる。

 ハビエルはこれから公開予定の映画『007 スカイフォール』で悪役ラウル・シルヴァを演じていて、公私ともに充実しているようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]