アメリカ文学界の巨匠フィリップ・ロスが引退宣言 『白いカラス』『エレジー』の原作者

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フィリップ・ロス - David Montgomery / Hulton Archive / Getty Images

 アメリカ文学界の巨匠で、ノーベル文学賞候補ともいわれているフィリップ・ロスが引退を宣言していたことが明らかになった。

フィリップ・ロスが原作!映画『白いカラス』フォトギャラリー

 フィリップは今年79歳。Washington Timesによると、フィリップはフランス誌の取材で引退の意志を明らかにし、彼の代理人もこれを認めたとのこと。フィリップの最新作は2010年に発表された小説「ネメシス(原題) / Nemesis」で、これが最後の作品になることとなった。

[PR]

 フィリップは1959年に「さようなら コロンバス」でデビュー。同作は全米図書賞を受賞し、後にラリー・ピアース監督により映画化。映画化作品はアカデミー賞脚色賞にノミネートされた。その後も『クレイマー、クレイマー』のロバート・ベントン監督、アンソニー・ホプキンスニコール・キッドマン共演の映画『白いカラス』や、ペネロペ・クルス主演の映画『エレジー』などがフィリップの小説を原作にしている。

 また、チャールズ・チャップリンの映画『ライムライト』のクレア・ブルームと一時期、結婚していた。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]