『アメイジング・スパイダーマン』ハリー・オズボーン役決定!次世代ジェームズ・フランコは25歳新進俳優

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハリー・オズボーン役に抜てきされたデイン・デハーン - Theo Wargo / WireImage / Getty Images

 マーク・ウェブ監督が、映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでハリー・オズボーン役を務める俳優を自身のツイッターで発表した。

映画『スパイダーマン3』写真ギャラリー

 「こちらがハリー・オズボーンです」とウェブ監督が紹介したのは、ペンシルバニア出身25歳の新進俳優デイン・デハーン。テレビドラマ「イン・トリートメント(原題)/ In Treatment」「トゥルーブラッド」などに出演し、今年2月に全米公開されたジョシュ・トランク監督の映画『クロニクル(原題)/ Chronicle』では主演を務めていた人物だ。

[PR]

 ハリー・オズボーンといえば、トビー・マグワイア主演のサム・ライミ監督版『スパイダーマン』シリーズでジェームズ・フランコが演じ、彼を一躍スターダムに押し上げた役柄。デインは、映画『レ・ミゼラブル』でマリウス役を務めたエディ・レッドメイン、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』でフィリップ役を務めたサム・クラフリンなど並み居る新進俳優を抑えての抜てきとなった。

 ウェブ監督のツイートを受け、デインは「興奮しているなんてもんじゃありません」「ワクワクしています。ありがとう」と出演決定の喜びを続けてツイートしている。(編集部・島村幸恵)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]