『キル・ビル』のマイケル・マドセン 酒気帯び運転で起訴

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
虐待の疑いで逮捕されたこともあるマイケル・マドセン - Valerie Macon / Getty Images

 今年9月にカリフォルニア州マリブにて酒気帯び運転で逮捕された映画『キル・ビル』のマイケル・マドセンが、2件の軽罪で起訴された。

マイケル・マドセン出演映画『007/ダイ・アナザー・デイ』フォトギャラリー

 マイケルはふらふら運転で警察に停止を求められ、飲酒検査を受けたところ呼気アルコール濃度が法定限度の倍以上を記録し逮捕されている。TMZ.comによるとロサンゼルス市検事局は、マイケルをアルコールまたは薬物の影響下での運転と血中アルコール度数0.08以上の二つの罪で起訴したとのこと。

[PR]

 今月中には罪状認否が行われる予定だが、マイケルの弁護士は呼気アルコール度数の検査方法には欠陥があると主張し、断固として戦うと言っている。有罪となった場合、最高で2年間の禁固刑もあり得るが、マイケルの酒気帯び運転での逮捕は初めてのため執行猶予が付くことになるだろう。

 マイケルは今年3月にマリブの自宅で未成年の息子とけんかをし、虐待の疑いで逮捕されたが証拠不十分で不起訴となっている。この事件でも逮捕時のマイケルは酒に酔っていたと警察官はコメントしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]