「ホイットニー・ヒューストンは殺された」…私立探偵がFBIに証拠提供

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今年2月に亡くなったホイットニー・ヒューストンさん - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 ハリウッドの著名な私立探偵ポール・ヒューブル氏が、「ホイットニー・ヒューストンは殺された」と主張しているという。ヒューブル氏は、ホイットニーさんが殺害されたことを証明するビデオを手にし、それを証拠としてFBIに送ったという。

 今年2月、ザ・ビバリー・ヒルトンの一室で、浴槽の中で意識不明で発見され、その後死亡が確認されたホイットニーさん。ヒューブル氏がExaminer.comに明かしたところによると、ホイットニーさんはドラッグにより150万ドル(1億2,000万円 1ドル80円計算)の借金を抱えており、それを支払うことができなかった、もしくは支払わなかったために、その日2人の男がホイットニーさんのもとに送られたとのこと。ホテルの監視カメラには、2人の男がホイットニーさんの部屋に入るところも収められているという。

 ホイットニーさんが亡くなった翌月には、ロサンゼルス検視局が、死因はコカインの使用と心臓疾患による不慮の溺死だと発表し、その死に事件性は一切なく、完全な事故死であったと断言していた。しかし、ヒューブル氏は、検視を見直してみると、ホイットニーさんの遺体には争ったためと思われるあざがあったと主張している。ヒューブル氏はシカゴで12年間警察官を務め、1981年に自身の事務所を開設した人物。(編集部・島村幸恵)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]