『シン・シティ』続編に新キャスト!エヴァ・グリーンが魔性の女に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『カジノ・ロワイヤル』でその魅力にノックダウンされた方にも朗報です-エヴァ・グリーン - Tony Barson / WireImage / Getty Images

 ダニエル・クレイグのボンド映画第1弾『007/カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを演じたエヴァ・グリーンが、ロバート・ロドリゲス監督が再びメガホンを取る『シン・シティ』続編への出演が決定したとThe Hollywood Reporterほか各メディアが報じた。

エヴァ・グリーン出演『ライラの冒険 黄金の羅針盤』写真ギャラリー

 『シン・シティ』は、フランク・ミラー原作のコミックを、ミラーとロドリゲス監督が共同監督を務め、映画化した作品。続編のタイトルは『シン・シティ:ア・デイム・トゥ・キル・フォー(原題) / Sin City: A Dame to Kill For』で、ミラーとロドリゲス監督が再びタッグを組み、今年10月の全米公開に向けて制作が進められている。

[PR]

 ロドリゲスとミラーの二人によると、エヴァが演じるのは『シン・シティ』の世界で最も魅惑的なキャラクターの一人とのこと。同サイトなどによると、危険な魅力で男性を破滅させる魔性の女「ファム・ファタール」なキャラクターとなり、アンジェリーナ・ジョリーなどもキャスティングの候補に挙がっていたという。

 本作では、ミッキー・ロークジェシカ・アルバブルース・ウィリスロザリオ・ドーソンが続投。ジョセフ・ゴードン=レヴィットなどの参加も報じられている中にあって、さらになる豪華キャストの参加となった。(西村重人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]