8名の人気映像音楽作家による震災復興支援が始動!役所広司も賛同

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映像作曲家たちによる復興支援プロジェクトが始動! - 左から岩代太郎、役所広司、池辺晋一郎、村治佳織、村松崇継、山下康介

 7日、映画『レッドクリフ』の岩代太郎ら8名の映像作曲家が始動させた復興支援プロジェクト「魂の歌~東日本大震災復興支援・音楽プロジェクト~」の発表会見が行われた。同プロジェクトに賛同する俳優の役所広司も出席し、「震災復興支援は子や孫の代まで続けていかないといけない」と決意を語った。

「魂の歌~東日本大震災復興支援・音楽プロジェクト~」発表会見フォトギャラリー

 本プロジェクトは、岩代、池辺晋一郎大島ミチル菅野祐悟千住明村松崇継山下康介渡辺俊幸の総勢8名がCDリリースやコンサートを開催し、日本音楽著作権協会などを通じて寄付を行うというもの。岩代は「震災が起こり、そんなとき作曲家は役に立たないというじくじたる思いがあり、皆さんに声を掛けた」とプロジェクト発足の経緯を説明した。

[PR]

 CD収録の朗読を担当した役所は「俳優として誇らしい仕事をさせてもらった」とコメント。「作家の重松清さんの文章を朗読して、読むのがつらいときもあったが、内容は希望のあるものだったので楽しませてもらった」と述懐した。また、ギター伴奏をしたギタリストの村治佳織も一緒に登壇し「1年経ってから陸前高田と気仙沼に行き、自分の目であの光景をみて復興にはやはり時間がかかると思った」と支援を継続していく意向を示した。

 最後に岩代は「本当に皆さんノーギャラの参加。妻の松本志のぶにも初めて頭を下げて司会をしてもらった」とこの日の司会を務めたアナウンサーの松本に向かって語り「仕事以外ではいつも頭を下げているんですけど」と軽口をたたいて会場を笑わせる場面もあった。(取材・文:池田敬輔)

CD「魂の歌 Spiritual Songs 東日本大震災復興支援・音楽プロジェクト」は3月13日より3,000円(税込み)で発売
「魂の歌」CD発売記念コンサートは4月16日に文京シビックホールで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]