関節炎のレディー・ガガ、ツアー中止…症状が予想よりも悪く手術へ 再開の望みかなわず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ツアー中止が明らかになったレディー・ガガ - Ben Hider / Getty Images

 関節の炎症のため、北米ツアーの一部延期を発表していたレディー・ガガが、残りのツアー日程全てをキャンセルすることが明らかになった。追加検査を行った結果、手術が必要だと診断されたためであり、ガガ自身は再開を望んでいたものの、中止を余儀なくされた。

 ライブを主催するLive Nation Global Touringは現地時間13日、ガガの「ボーン・ディス・ウェイ・ボール」の中止を発表。滑膜(かつまく)炎を患ったガガは、歩くこともできない状態だと伝えられていたが、病状は予想よりもはるかに悪かったらしく、手術ならびに絶対安静を命じられたという。

 当初は今月17日までに予定されていた北米4公演の延期が発表されていたものの、今回の診断により3月20日までの残り全公演が中止されることが決定。延期を発表した際、ガガはツイッターでなるべく早く戻ってくることを約束していたが、その願いはかなわなかった。

 ガガ自身、滑膜(かつまく)炎の症状には約1か月前から気が付いていたというが、スタッフにも伝えずにツアーを強行。そのことで症状が悪化し、現在は歩くこともできない状態だと明かされている。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]