宮沢りえ、14年ぶり連ドラ主演に不安もあった…スキャンダラスな愛に迷う女性を熱演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
14年ぶり連ドラ主演の意気込みを語った宮沢りえ

 女優の宮沢りえが、14年ぶりの連続ドラマ主演作となるNHKプレミアムドラマ「神様のボート」の完成試写会に出席し、本作に懸ける思いを明かした。作中で宮沢は大胆なラブシーンにも挑戦しており、そのことについては「何年やっても恥ずかしいけど、すてきに撮ってくださるし、ラブシーンは好きなので」とコメントする一幕もあった。

宮沢りえ「ラブシーンは好き」フォトギャラリー

 「神様のボート」は、江國香織の小説を原作に、静かな愛の狂気にとらわれた母と、その傍らで成長する娘の10年以上にわたる旅と心の変化を描いた大人のラブストーリー。宮沢は、既婚の身でありながら藤木直人演じる沢木哲哉と恋に落ちるピアニスト・野島葉子を演じる。この日の会見には、宮沢のほか、藤木も出席した。

[PR]

 14年ぶりの連続ドラマ主演について、宮沢は「現代劇の連ドラ、そんなにやってなかったんだな」と感慨深げ。「最近舞台ばかりで不安もありましたが、作品の映像化をずっと温めてきた監督(注:演出・脚本の源孝志)の熱量に触れて、一気に緊張が解けて主演を引き受けました」とオファーを引き受けたときのことを振り返った。

 とりわけ決め手となったのは、「ずっと温めてきただけあって、湯気が出ていた」と評する本作の脚本。「脚本を読んだときのインスピレーションから、もっとこの作品を知りたいと思った。監督の作品愛が強い現場は信頼もできます」と話し、同席した源もこの発言には「構想時から宮沢さんが意中の女優だったのでよかった」と笑顔を見せていた。

 また、不倫の愛に落ちる女性という役どころについては「スキャンダルというのは結果的なもの。そのとき、その場にいて人間が純粋にぶつかり合った結果がスキャンダルになってしまう」と語った宮沢。「ここまで人を愛することができるのは幸福。人生をかけて愛する相手を見つけた葉子(役名)は幸せだなと思います」と穏やかな表情だった。(取材・文 名鹿祥史)

プレミアムドラマ「神様のボート」は3月10日夜10時よりNHK BSプレミアムにてスタート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]