小泉今日子、幸せになれない?自虐ジョークで応酬

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
沖縄でのイベントに出席した小泉今日子

 28日、第五回沖縄国際映画祭で、映画『空中庭園』の特別上映イベントが行われ、主演の小泉今日子が、「僕たちのヒロイン学科 女優・小泉今日子の魅力に迫る!『空中庭園』」と題した特別講義を行った。

小泉今日子、美脚披露!フォトギャラリー

 鮮やかな黄緑のスカートからスラリと伸びた脚を見せて登場した小泉。歓声と大きな拍手が飛び交う中、この日上映された『空中庭園』について、「女のカッコいい映画がないなと思って、衣装のおばちゃんといろんな監督に会って、何か映画を作りましょうって話をしていたところで、豊田(利晃)監督がこの本を持ってきてくれました。自分で動いて出来上がった作品じゃないかなと思います」と話し、それゆえ思い入れも強いことを明かした。

[PR]

 劇中では小泉演じる主婦と、その母を演じた大楠道代の演技合戦も見ものとなっているが、特に終盤、二人がバースデーケーキを前に対峙するシーンでは「魂が上に行ってすべての状況を把握できていたというか。あそこでコトって音がしたねとか、すごく集中していました」と大楠との撮影秘話を語った。

 また、この日ゲストとして登壇した中で、小泉と意外な交流を持っているのが、小藪千豊だという。小泉は、かつて映画で共演した縁で、小藪が主催する野外音楽イベント「コヤブソニック」に出演した経験もある。その際、小泉は「サマソニよりコヤブソニック」と語っていたといい、打ち上げではバッファロー吾郎とのデュエットも実現したことが明かされた。

 イベントでは、司会を務めた藤井隆が「本当に人を幸せにする塊なんですよね」と語り掛けると、小泉がこれに「自分はあんまり幸せになれないんですよ」と自虐ジョークで応答する一幕も。こうした気さくな対応までを含め、レイザーラモンRGが最後につぶやいた、「人ってパワースポットになれるんですね」という一言が全てを言い表すかのような一夜となった。(取材・文:長谷川亮)

第五回沖縄国際映画祭は30日まで沖縄コンベンションセンターほかにて開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]