エリザベス女王、「最も記憶に残るボンドガール」として名誉賞受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ケネス・ブラナーからトロフィーを受け取るエリザベス女王 - WPA Pool / Getty Images

 エリザベス女王が4日(現地時間)、60年以上に及ぶ映画界、テレビ界への貢献を称えられ、英国アカデミー(BAFTA)より名誉賞を授与された。式典は、ウィンザー城で執り行われ、ジョージ・ルーカスクリストファー・ノーラントム・フーパーら映画界の著名人を含む300人のゲストが出席した。

エリザベス女王とタッグ!映画『007 スカイフォール』フォトギャラリー

 BAFTA会長のジョン・ウィリス氏は、「映画界、テレビ界における顕著な後援をたたえ、BAFTAは女王陛下に栄誉賞を授けます」とスピーチ。2012年に開催されたロンドンオリンピックでエリザベス女王が映画「007」シリーズのジェームズ・ボンドダニエル・クレイグ)と共演したことに言及し、「最も記憶に残るボンドガールとしてロンドンオリンピックを飾ったこともたたえて」と付け加え、会場を笑いに包んだ。

 この日、エリザベス女王にトロフィーを授与する役目を務めたのは、映画『ヘンリー五世』などで知られる俳優ケネス・ブラナー。ケネスも「去年のオリンピック開会式でのセンセーショナルな登場は、本当に記憶に残るものだった」とエリザベス女王の“女優”としての功績をたたえ、会場を盛り上げた。(編集部・島村幸恵)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]