アンドリュー・ロイド・ウェバー、映画『スクール・オブ・ロック』を舞台ミュージカル化へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『スクール・オブ・ロック』を舞台ミュージカル化へ! - アンドリュー・ロイド・ウェバー

 「キャッツ」や「オペラ座の怪人」など数々の世界的大ヒットミュージカルを手掛けてきた大御所作曲家、アンドリュー・ロイド・ウェバーが、2003年の映画『スクール・オブ・ロック』を舞台ミュージカル化するようだ。

映画版『スクール・オブ・ロック』フォトギャラリー

 ウェバーはラジオ番組「Q With Jian Ghomeshi」に出演した際、「ある作品のミュージカル化権を獲得して、すごくわくわくしている。わたしがオリジナル曲を加えることになるかもしれないが、すでに音楽のある作品だよ。映画『スクール・オブ・ロック』だ」とコメント。『スクール・オブ・ロック』を舞台ミュージカル化する予定であることを明かした。

[PR]

 リチャード・リンクレイター監督の『スクール・オブ・ロック』は、バンドをクビになったしがたないギタリストが、友人になりすまして代用教員の仕事に就いた小学校で、子どもたちとバンドを組むというストーリー。ミュージシャンでもある俳優のジャック・ブラックが等身大の熱い演技を見せた。

 ウェバーがオリジナル楽曲を加えるとなれば、映画に使用されたレッド・ツェッペリンT・レックス、ラモーンズなどのロックナンバーとどんなアンサンブルを繰り広げるのか、今から楽しみだ。また、ジャックがミュージカル版に出演する可能性があるのかどうかも、気になるところである。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]