クリスチャン・ベイル、DCコミック版『アベンジャーズ』でバットマン続投せず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ジャスティス・リーグ(原題)』に出演しないことを明かしたクリスチャン・ベイル

 クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』シリーズでバットマンを演じたクリスチャン・ベイルが、スーパーマンやバットマンらDCコミックの人気ヒーローが大集結する映画『ジャスティス・リーグ(原題) / Justice League』には出演しないと明かした。

この姿はもう見られない…『ダークナイト ライジング』場面写真

 クリスチャンはEntertainment Weeklyの取材に対し、「3作もバットマンの映画を作れたことは信じられないくらい幸せなことだよ。ただもう十分。欲張るのはやめておこう」とコメント。「クリストファーは一度に一つの作品に専念したいといつも言っていた。まさか3作も作ることになるなんて思ってもみなかったけど、そうなるべくしてなったのなら、ここで終わるべきでもある」と語っている。

 さらに、『ジャスティス・リーグ(原題)』に関しては、「何も聞いてないし、何も知らないんだ。知っているのは映画を作っているということぐらいさ」と同作との関わりを完全に否定。バットマン役をほかの俳優に譲ることについては、「人から人に引き継がれるトーチみたいなものだからね。誰が受け取るのか楽しみだよ」と新たな起用に期待を寄せた。(編集部・中山雄一朗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]